妊娠中にできる脱毛方法

妊娠中は、ホルモンバランスも安定しておらず、痛みによるストレスが母体に影響を与える可能性もあるため、脱毛サロンでの施術は行えません。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛のような照射系の施術だけでなく、ブラジリアンワックスもNGです。サロンでの本格的な脱毛は、妊娠中は行えないということです。
妊娠中は、一時的に体毛が濃くなることもあるため、自己処理が必須となります。では、どんな方法がベストなのでしょう。
自己処理の定番の一つとして、脱毛クリームがあります。しかし、臭いが強いうえ、妊娠中の敏感な肌がトラブルを起こすこともあるため、避けるのが無難です。毛抜きでの処理も、痛みが伴うためお勧めできません。
妊娠中にベストな脱毛方法は、電気シェーバーです。優しく、肌に負担をかけないように使うのがコツです。処理した後は、化粧水や乳液でしっかり保湿することも、忘れてはなりません。
ただ、一時的に濃くなっている体毛は、出産後に抜け落ちることがほとんどなので、あまり気にしないほうが良いでしょう。抜いたり剃ったりすると、余計に濃くなったり、出産後に抜け落ちなくなる可能性があります。妊娠中の体の変化の一つとして、受け入れたほうがよさそうです。