脱毛の痛さは施術方法により異なります

レーザー脱毛は肌にレーザー光線を照射する方法ですが、レーザー光線は毛穴の奥にある毛母細胞に集まり、そこで熱エネルギーに変換して毛母細胞を破壊する方法です。脱毛初期の頃は成長期と言うメラニン色素が濃いムダ毛が多いため、熱による痛みが生じやすく、輪ゴムで弾かれたような痛さがあると言われています。しかし、脱毛を繰り返して行くと成長期に入るムダ毛の量が減るため、痛さは徐々に弱くなります。痛さが少なくなる事で脱毛の効果が出ている証拠でもあるわけです。
脱毛の方法の中にはワックスを使ったワックス脱毛もあります。ワックス脱毛の場合は、シートを剥がす時に痛みを感じるのが特徴です。特にデリケートゾーンなどの場合には、かなりの痛さを持つなどと言われていますが、痛みに耐えてこそムダ毛を処理出来るため、施術を受ける人は痛さに我慢するのでしょう。
レーザー光線を使う事が出来るのは医療施設であり、痛みに弱い人などの場合やデリケートゾーンの施術の場合など、麻酔を使えます。脱毛サロンは医療施設ではないのでレーザー光線を取り扱う事も出来ませんし、麻酔も使えません。しかし、冷却ジェルを使って光を照射するので痛さを抑える効果に繋がるのです。